ドライブレコーダーの残した記録

我が家は保険会社との契約とは別にJAFに加入しています。JAF加入者にはJAFメイトという冊子が毎月送られていくるんですが、そこにドライブレコーダーの記事がありました。

それを読んでると、大きな音や衝撃が加わった時、前後数秒間(あるいは数分)の映像を記録できるというもので、手動で記録させることもできるみたいです。

車載動画という車にビデオカメラを積んで走行風景を記録する動画を見ていて、自分が車を買った時にはドライブレコーダーもつけようかと考えていたんですが、この動画を見て、娯楽性以外にドライブレコーダーの必要性をさらに感じさせられました。

もともとこういう事故の起きた時のためのものなんですよね。「信号はどっちが青だったのか」とか、当て逃げされた時に相手のナンバーを記録するとか。

動画を見ていて、どのタイミングで事故が起きるかわかっていても、車がセンターラインに近づくまではどの車が衝突してくるのかわかりませんでした。

便利なものは利用するべきですよね。事故は自分の過失じゃなくても起きるんですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク