PictSplit重要事項

当サイトで配布しているJavaプログラムPictSplitですが、移動元フォルダ標準移動先フォルダが同じものだと標準移動先フォルダへ移動されるはずの画像が削除されるという事例が発生しました。

これは移動元画像と移動先画像のファイルパスが同じになるために起こる現象で、対応策としては移動元フォルダと標準移動先フォルダに違う場所を指定することしかありません。

プログラム上、ファイルの移動を「コピー→貼り付け→削除」という流れで実現しております。その際、本来ならコピー元のファイルが削除されるはずですが、移動先のファイルも同じパスとなるため、結果的に画像がなくなるという事態になるわけです。

実際私がこのような使い方をして1万6千枚ほどの画像が消失しました・・・・・。

同じフォルダを指定した際、処理を実行できないようにプログラムを書き換えます。

もちろん異なるフォルダを指定している場合は今までのものを使用していても大丈夫です。

変更01/03-19:03

削除と表示されましたが、実際は削除されてませんでした。画像ビューアで表示されなかったので焦っていましたが、単純に重くて表示が遅かっただけでした。テヘッ

しかし、あの表示は誤解を招いて危ないですね。

実際は、移動元フォルダと標準移動先フォルダに同じ場所を指定した場合、削除されたと表示されますが、実際には削除されてない。でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク