Appleの映画配信を視聴した感想。「悪くない」

新聞やテレビでApple TVの話題が持ち上がっていたので、我が家でも議論の的となりました。

現在WOWOWの契約をしているので、「Apple TVを使えば支出が抑えられるんじゃない?」と。

そして調べてみると、どうやら普通のiTunesで利用できるようです。Apple TVはそれをテレビで見るときに便利な機械なだけ。

確かテレビの近くに置いてあるパソコンにはHDMI出力があったなぁ、と思い出したので早速つなげてみました。

単純につなげばいいかと思っていたらそうでもないらしく、数時間苦戦した末「BIOSでHDMIを優先」と設定すればできるようになりました。

ほとんどのマザーボードはDVIとHDMIは排他利用となっており、片方しか使えません。

DVI表示をしている途中でHDMIをテレビとつないでもパソコンはDVIのディスプレイで認識をしており、解像度や音声の出力ができません。

そんなこんなありながらようやく画面の出力と音声の出力が出来たので、早速トイ・ストーリー3をHD画質でレンタルしてみました。

HD画質とありますが、フルHDではないので勘違いしないように。

画質 サイズ 説明
フルHD 1920*1080 地上波デジタル放送の画質と同じで綺麗です
HD 1280*720 DVDよりは綺麗ですが、地デジには劣ります
SD 720*480 DVDと同じ画質です

Appleの映画配信ではHD画質とSD画質があります。差額はレンタルで100円程度、購入で1000円程度です。

さて、今回は37インチの液晶テレビでHD画質を視聴したんですが、オープニングのシンデレラ城をバックに花火が上がるシーンでは花火の部分がブロックノイズが発生し、画面が明るいシーンでも少しブロックノイズが気になりました。

その他は特に不満もなく視聴できましたが、積極的に利用するかは微妙です。

いつでも見たい映画なら高画質なブルーレイを購入したほうが良いですから。

うちはそう遠くない位置にツタヤがあるので

  1. ツタヤにみたい映画がおいてない
  2. 借りに行く、返しに行くのがめんどくさい

という条件が揃わないとAppleの映画配信を利用する理由はないですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク