プラ板でキーホルダー製作

今日はプラ板を使ってキーホルダーを作ってました!

まずは型紙を用意

IMGP1734-1024px

名前入りのキーホルダーなので一部しか載せませんがパソコンでプリントアウトした用紙に手書きで穴を開ける位置や角丸のラインを書いていきます。

IMGP1735-1024px

そして使うプラ板がこちら。

100円ショップでも売ってるA4サイズのプラ板です。今回こちらを使ったのはプリンターの印刷用紙がA4だったのと厚さが0.4mmで焼いて縮めると分厚くなるので丈夫だからです。

IMGP1736-1024px

プラ板を型紙に合う大きさにカットしたらマスキングテープで裏に固定して角や穴を開けます。

IMGP1737-1024px

そしていよいよ塗装開始!使用したのは発色が綺麗なポスターカラーです。

一度ポスカで彩色してうまくいったので今回も使います。しかしこれが上手くいきませんでした;;

IMGP1738-1024px

プラ板で色を付ける際は縮める前は薄めに色を付けるのが基本です。塗料が多く乗るとこのように表面が荒れたり割れたりします。

ポスカで薄く塗るのは難しいです。仕方ないので細かい作業になりますがこの上からもう一度塗りなおします。

IMGP1739-1024px

少し荒れが目立たなくなったかな?しかし当初の完成予想からするとひどい有様なので上からアクリル塗料を塗ってごまかすことに。

IMGP1740-1024px

さらにひどくなりました!下の色を隠しきれず模様も潰してしまう有様。これは画材の選定をやり直す必要がありそうです。

もともとポスカを使っているのは縮める前に彩色が出来るので細かい塗り作業が必要なく油性ペンに比べるとムラが出来にくく綺麗な発色だからなんですが塗料のノリ具合によってこんなにも仕上がりに差が出るようではベタ塗りには使いづらいです。

綺麗に色を付けるならアクリル塗料が一番いいんですが縮める前に塗ると塗装が剥がれてしまうためあとから塗装と言う細かい作業が必要になります。

とりあえず今回作ったのは試作品として完成させるとしてプレゼントできるような完成品を作るためにまだ試行錯誤が必要なようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク