名古屋モーターショー2020

てっきり東京、大阪しか行かないと思っていたら実は名古屋も来ると知ったので開催1週間前に前売りチケットをコンビニに買いに行って急遽観に行くことにしました。

詳しい内容などはいろんなところで紹介されるので個人的にぐっと来たものなどを。

スズキのネオレトロな車体です。フェンダーミラーのように見えるのは恐らくカメラ型ミラーですかね。

トヨタの近未来車。これはいかにもな未来的デザイン。

ダイハツのワゴンタイプ。今の軽ワゴンを伸ばしたような車体ですね。

こちらもダイハツの軽SUV?スズキのハスラーを彷彿させるデザイン。

他は現行車、新発売車の展示があったり。

しかし!今回のメインはこちら!

新型アフリカツイン(CRF1100L)を見ること!

当たり前ですが東京モーターショーで日本市販モデルが初お披露目したあと契約しているので外見や性能は分かっていますが実物を生で観たことはありません。

そのためこの機会を活用し実車を見て触れてきました!

展示されていたのは電子制御サス搭載のDCTモデル「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission」でした。

展示車はシート高830ミリの状態でしたが身長171cmの自分でも両足親指付け根は着きました。結構安心。

展示モデルは乾燥車両だと思うのでこれにエンジンオイルとガソリン入ったらその重さで車高下がるし、そもそもシート高を2cm下げられるのでさらに安心。

しかし実際にまたがってみるとタンクの大きさが迫力ありますね。ガソリン満タンにしたら重心上がってコケそうな予感(汗

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク