ITパスポートの交付申請

ITパスポート試験を合格しまして、先日合格証書も届きました。

さて、ITパスポート試験は、その名の通り「パスポート」な試験です。ITの入門ですね。

その名前にちなんで、試験合格者は「ITパスポート」の交付申請ができます。

手続きやカードサンプルはこちら[ITパスポートについて]

私は「せっかく合格したんだから(自慢するためにも)ぜひ欲しい!」という人なので、早速申請しようとしています。

手続きを要約しますと

  1. 申請書記入
  2. 払込書コピー添付
  3. 簡易書留で郵送

以上の3つです。氏名や生年月日変更の必要のある方はもうひとつ手順がありますが、あんまりいなさそうなので割愛。

申請書は上記リンク先のPDFファイルを印刷すると4枚の紙が出てきます。そのうち1枚にITパスポート交付申請書と書かれているので、それに必要事項を記入します。記入例はもう1枚の紙に載っているので参照してください。

料金の払込の証明として郵便振替払込請求書兼受領書のコピーATMのご利用明細書のコピーを申請書下部に貼り付けます。そして払う金額ですが、まずITパスポート交付手数料として1,000円、そして簡易書留郵便代として300円合わせて払い込みます。合格を証明するものではないんですが、顔写真も載るものですので簡易書留として送ってくれるんですね。

普通の封筒で送るのなら、定形郵便物の25gまでで80円、簡易書留オプションで+300円なので、合計1,680円ですね。1,000円でもらえる!と思っていたら+αがありました。それに振り込み手数料とかも掛かりますしね。ゆうちょATMでキャッシュカードを使い振り替えをするなら、ATM利用手数料含めて無料だった気がしますけど。

後は申請書を入れた封筒を簡易書留で送るだけ。センターに到着後、1か月程度で送られてくるらしいです。

待ち遠しいですね!

ITパスポート試験合格してました。

ブログに書いてたかな?春にITパスポート試験受けに行ってたんですよ。そんで、今日が合格発表の日だったので成績照会してみたら合格してました!

ITパスポート試験の詳しいことは公式サイト(ITパスポート試験紹介サイト)に丸投げして、4択の問題なんですよね。1つの文章題に答えが4つ用意されていて、そのうち1つをマークして回答という形なんです。

先生から「簡単だから受けてみたら?」といわれ申し込みはしたものの、ちょうど自動車学校と重なってしまって、「ITパスポート試験のよくわかる教科書」という本を2回程度読んだだけでした。自動車学校の方がたくさんお金かかってるし大事だもんね!

普通は回答をメモしておいて、合格者発表より先に回答が発表されるので自分で答え合わせをしておくんですが、私は受かる気がまったくなかったのでメモもせず「合格者発表まで待ってればいいか」と考えていました。そしたらこのとおりですよ!

合格してよかった!

次は基本情報技術者受けろとかいわれるんでしょうけどね。