冬用ライディングウェアの紹介

ライディングウェアは近場なら長袖長ズボンで遠出ならプロテクター入りのジャケットを着ています。

バイクに乗るときの基本は肌を出さない服装ですね。これは夏でも冬でも共通です。

冬だと防寒保温重視ですが重ね着しすぎると動きにくくなり快適性が損なわれます。ではどんな装備が良いのでしょうか。

レイヤリングの基本

まず、快適に冬の寒さを凌ぐためにはアウトドアの知見を用いてレイヤリングを意識します。

服の機能を以下の3つに分けてそれぞれ最適な衣類を選択することで快適に活動することができます。

  • ベースレイヤー
  • ミドルレイヤー
  • アウターレイヤー

それぞれの役割と実際に着用している服を紹介します。

ベースレイヤー(肌着)

一番肌に近いベースレイヤーで重要なのは快適性です。具体的には汗を素早く吸い上げ汗冷えを防ぐものが良いです。

ATION クレーターメッシュ半袖シャツ

流行り(?)の大きめメッシュシャツです。

汗の吸い上げ拡散を効率的に行うことができ、メッシュにより発汗時のべたつきも軽減します。

速乾性を売りにしていると夏用のイメージが強いですが、冬こそ汗冷えを防ぐために速乾性が必要であり、クレーター部分が保温層になるので冬にもおすすめです。

グンゼ クールマジックボクサーパンツ

グンゼを選んだのは消臭効果に期待して。

言わずと知れたメジャーメーカーのグンゼから出ているボクサーパンツです。

コチラはもろに夏用ですが訳がありまして。

上半身はアウターで調整が簡単ですが、下半身は簡単に調整することができないので熱くなりすぎると悲惨なことになるので夏用が良いのです。

最近は冬用アンダーウェアといえば吸湿発汗のタイツが多いので熱くて汗かいてさらに熱くなって…の悪循環に陥りやすいのでベースレイヤーのパンツを選ぶ際はよく考えましょう。

ちなみにこのパンツは消臭効果を謳い文句にしているクールマジックシリーズですが、ただの綿パンより軽減されたと思います。

ミドルレイヤー

中間に位置しているミドルレイヤーで必要なのは保温性です。

ここで温かさを稼ぐことが重要ですがモコモコしすぎると動きにくくなるので良い塩梅を探ります。

ユニクロ フルジップフリース

ユニクロは汎用性高いですね。

庶民の味方ユニクロからフリースが参戦!アウターとしても活躍できるフリースは良いですね。通気性と保温性が両立できて最適です。

ダウンも保温性が高いので選択肢としてオススメですが、手持ちのインナーダウンは薄手だったのでフリースをよく着用しています。

難点はジャケットの下に着ると腕がパツパツになりやすいことですね。ゆとりのあるジャケットにしないと腕が動かしにくくなって肩が凝ります。

モンベル ジオラインM.Wタイツ

とりあえずモンベル選んでおけば間違いなし

ジオラインは最強!よくある吸湿発汗ではなく保温による暖かさなので熱くなりすぎません。

生地の厚さが3種類ありますが中間のM.Wにしました。積雪するような極冬季でなければ十分だと思います。

ただ高いのが難点です。何着も用意するのは難しいので1着だけ買って使いまわしてます。

あと、この撮影をしているときに気づいたんですがジオラインのシャツも持ってました。

今年まだ使ってないなぁ、ということはまだ寒くても防寒性を上げられる!

アウターレイヤー

一番外側に位置しているので防風性能が重要です。風を防ぎ保温層を守る必要があります。

本来であればプロテクター入りのライディングウェアを着用して安全性も重視するべきですが、近場のお買い物ぐらいならヘルメットとグローブ、シューズ以外は普段着と併用です。

ワークマン イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒ジャケット

流行りのワークマン

リーズナブルで高機能な衣服が話題のワークマンです。以前からシャツなどは愛用していましたがバイク向けのジャケットも良いともっぱらの評判なので買ってみました。

バイク用にデザインされているだけあって防風防寒性能は素晴らしいです。また、再帰性反射プリントが施されており夜間の走行も安心できます。

プロテクター類は付属していないので遠出するときはインナープロテクターを着用するようにしています。

バイク専用冬ジャケットの方がプロテクターも一体化しているし細かいところの気が利いているので懐に余裕があればバイク専用ジャケットを用意したほうが良いです。

ワークマン イージス360゜(サンロクマル)リフレクト透湿防水防寒 STRETCH DENIM(ストレッチデニム)パンツ

撮影時、設定ミスって色がおかしくなった写真です…

コチラもリーズナブルなワークマン製で上着同じ再帰性反射プリントが施されているイージスシリーズです。

性能も申し分なく、バイクを降りて歩いていると逆に汗ばむくらい保温性が高いです。

膝パットポケットがありますがちょうどよいサイズのプロテクターを探すのは難しいかな?

股上が深いので前傾姿勢でも背中が見えにくく防寒性が高いですが、ウエストが緩いのが気になります。ずり落ちてくることはないので特に問題はないですが。

極冬季編

ただの寒い日なら上記の服で何とかなりますが、雪が降りそうなくらい寒くなったり、長距離を走るとなるとさすがに寒くなってきます。

そこで重要なのが熱源の確保です。自分の体温だけでは足らないので発熱するものを用意します。

電熱ベスト

ノーブランドの電熱ベスト(手ブレ写真)

ずいぶん前に「電熱ウェアあったら真冬でもバイク乗れるかな。キャンプもできるかな」と軽い考えで買ったノーブランド品です。

背中と胸にヒーターがついているので薄手のシャツの上から着ればとても暖かい。むしろ熱くなってくるくらいです。

使い方と温度設定

使用方法はモバイルバッテリーを繋いで胸元の電源ボタンを3秒くらい押し続けるだけと簡単です。

温度は中温がホッカイロくらいで高温は熱い、低温はぬるい程度でした。温める面積が広いので実用性高いです。

メチャメチャ寒い日でもコイツを着ていれば寒さとは無縁な快適ツーリングができると実感しました。

10,000mAhのバッテリーを使ってますが日帰りツーリングなら余裕で持つので安心です。

ウィンターライディングウェアを使っているならセットで使える電熱ウェアが用意されているかもしれません。

高機能なものは袖にもヒーターがついているので上半身すべてが暖かくなります。欲しい。

ちょっと理想が入ってしまいましたが現在はこんな感じの装備でバイクに乗っています。

後は適時ホッカイロなどを追加しています。靴下に貼るカイロも効果ありますよ。

冬でも暖かく快適にツーリングしましょう!

フロントサイドパイプにバッグ付ける

アフリカツインにはオプションでフロントサイドパイプがあります。

これはバンパーブロックとかクラッシュバープロテクターと呼ばれる部品を装着済み

転倒時に車体の保護してくれるパーツですが実際には立ちごけでも車体の重さゆえカウルとフロントサイドパイプが接触して傷つくというね…

まぁそれは置いといてこの部分にバッグを装着しているバイクをたまに見ます。

頑丈に取り付けられているので軽い荷物であればバッグを固定して積載できるということです。しかも転倒時にバッグが衝撃を吸収してくれることも期待できます。

メッシュシートカバー装着!

夏にバイク乗ると暑いんですよね。まぁ当たり前。

そんな中で、少しでも快適に乗れるようにメッシュジャケットとか着ているわけですがまだ改善できる余地はあります。

そこで調達したのがメッシュシートカバーです!

エンジンガードプロテクター装着

CRF1100Lにはエンジンガードが装着されています。フロントサイドパイプも納品次第装着予定です。

転倒の際にエンジンにダメージが及ばないようにするのがエンジンガードの役割ですが、そのエンジンガード自体にも傷ついてほしくないですよね。ということでエンジンを守るガードパイプのプロテクター(ややこしい)を調達しました。

RAMホルダー導入

スマートフォンが新しくなって大柄になったため、ミノウラのスマホホルダーに収まらなくなり新しいものを探していました。

もう廃番になっていて商品情報は見つけられませんでしたが…

ノーブランド品、よくわからないメーカー品含めるといろんな固定方式のものがピンキリでありますが長く使うことを考えて大手メーカー品に交換しました!

メッシュグローブ新調しました!

ラフアンドロードのプロテクションライディンググローブです!プロテクターが十分に装備されていながらメッシュ、ベンチ部分も多くスマホも反応してくれる高機能グローブです。

今使っている夏用グローブが初めてバイクを買ったときに揃えた装備なので何年前だろうか…指先はボロボロで汚れもひどかったのでライコランドに行ったときに買っちゃいました。

服のサイズはMですがグローブだけはLサイズ

まだ牛革のにおいがするのでしばらく風通しの良いところに放置してミンクオイルを塗っておこう

ST250 Etypeにリアキャリア取り付けとウインカー移設

積載力アップのために安定のリアキャリア取り付けと、サイドバッグ移設のためにリアウインカーの移設・交換を行いました。

リアキャリアはキジマの専用品を使用。シルバーがよかったなぁ…まぁフレームが黒なんで黒でもあっていると思うけど。

リアキャリアだけの取り付けはボルト外してつけるだけなのでカット!!

さて、ウインカーの移設のお話。

そろえたのはこちらの部品です。

まずはウインカーステー。これはナンバープレート脇に移動させるためのものでクランプを使ってタンデムバーに取り付けることもできますが専用部品があって細かいこと考えなくていいのでデイトナのこちらを使用。

ほかのメーカーも色違いでたくさんありますがデイトナのいいところはナンバーへの取り付け穴が1つであるところ。ほかのメーカーだと横長になっていて微調整する必要があるのでこれが便利。

次はショートタイプのウインカー

純正をそのまま流用もできるんだけど見た目とか配線の延長とか考えてたらすっきり収まるこれに落ち着きました。ST250への使用レビューも多いのも理由の一つ。

最後にこれ

純正のウインカーコネクタからギボシに変換するやつなんですが…使いませんでした。(´;ω;`)ウゥゥ
いろんなブログを見ると使っている人多かったので現車を調べずに調達してみたら、どうやら年式の違いで私の2004年式はギボシ接続になっていて不要でした。

欲しい人いたらあげるよ!

さて、あとは手持ちの配線とギボシで延長コードを現物合わせで作ればオッケーです!


まずは前後のシートを外して配線関係を丸裸にします。この時点でバッテリーケーブルも外していますがまだ配線の特定ができていないのでつなぎなおしました。


ウインカーから出ている配線をたどって接続部分を特定。はい、コネクターじゃないですね!しかも手持ちのギボシが合わなかったのでオスメス両方とも変えました。

ここでウインカーを仮接続して左右と正負極の確認完了。記事書いている時点でどっちがどっちだったか忘れちゃっているので次に手を入れる時も探り探りになりますね( ´∀` )

あとは説明書通りナンバープレート裏にステーを取り付けて配線を延長させます。

いろんなブログを見ると配線の方法はタンデムバーに添わせるのがやりやすいみたいですが見た目重視でいきます!

テールランプの配線に添わせて車体の内側を通すことにしました。このゴムブッシュに穴をあけようかと思ったんですが配線4本も通せる穴をきれいに開けるのが難しそうだったのでとりあえず隙間から入れてます。

案の定コード長が足りないので延長

ギボシ作ってビニールテープで防水処理。

今思えばギボシにする必要なくて無駄に配線太くしちゃったなぁ…とちょっと後悔

タイヤハウス内でテールランプに添わせるように結束バンドで固定したら、これまたテールランプの配線と同じ位置から取り出し

配線接続したらシートとか戻して完了!


リア回りが重くなってきましたね。それに赤い配線が思いのほか目立つのが気になるので


配線チューブ買ってきて保護しました!写真撮り忘れましたがタイヤハウス内もスパイラル状の配線保護材で劣化を抑制。

パーツの取り付けはいいけど、ちょっとさびが気になるな。特にリアショックのコイル内側ね。

時間あるときにコンパウンドでちまちまと磨くか

ST250EtypeにフックとホルダーとブーツとUSB取り付け

違う日に取り付けたけどまとめて紹介。

まずは積載性向上とナンバープレートの保護にフックとライセンスプレートホルダーの装着

ボルト外して付け替えるだけなので簡単。使用したのはこちらの2点。

このフックはいいですね。ただの棒なので大きなフックやベルトも引っ掛けやすく使い勝手いいです。今後バイク乗り換える時もこれは使いまわししたい一品!

初 トラックボールマウス!ロジクールのM570t

マウスを買い替えました。今まで使っているのがボロボロになっていて「コレ買ったのいつなんだろう…」なんて考えてみたらそろそろ買い替え時かなと。

愛用していたのがこちら

ロジクールのMX510です。何年選手かな?もう各種ボタンの印字は擦り切れていて手のひらの当たるロゴ部分もかすれています。

サイドボタンは意外と無事ですね。マウスジェスチャーを駆使していたおかげでしょう。動作には問題ないですが流石に見た目が良くないので買い替えます。

そして買い替え先はこちら

ロジクールのM570tというトラックボールマウスです!

今までは普通の光学式マウスを使っていてトラックボール式に憧れていました。かと言って形状が変わりすぎると混乱するので間を取ってこの形に。

もともとこのタイミングで買うつもりはなかったんですが、大須を散歩しているときにドスパラでamazonより安く販売されていたので思わず飛びついちゃいました!

では早速開封の儀を。

パッケージはこのようにシンプル。レシーバー付きで無線接続が可能なのでケーブルがスッキリしますね。

しかし、このパッケージの開け方がわからぬ…難儀していましたが単純にテープで止まっているだけでした(*ノω・*)テヘ

このテープをカッターで切り取ると後は簡単に開けられます。

本体以外の内容物は保証書と取扱説明書だけ。取説もイラスト4枚だけとシンプルです。

裏のスイッチと電池カバーはこんな感じ。

初めから電池が付属してくれているのでこの矢印型のシートを引っ張ればすぐに使えます。

電池カバーの中はこんな感じ。

レシーバーをはめ込める穴が空いてますね。持ち運びに配慮した造りなんでしょうか。

実際に使用してみた感想。

違和感バリバリです!

やっぱり親指で操作するのはなれないとスムーズに動かない!しかし手首の動きはほぼ皆無になったのでそこの快適性は抜群です。

後はボタンの幅かな?今まで左ボタンは人差し指、ホイールは中指、右クリックは薬指と3本配置でマウスを握っていましたが、このマウスは横に小指と薬指を置く凹みがあって自然に手を置くと2本指配置になります。

3本指配置で指を置くと少し窮屈です。2本指に直すか3本指にするか迷い中( ̄へ ̄|||)

まだ1日しか使っていないので慣れておらず不具合ありまくりですが、手首への負担は確実に減ったので良かったかと思います。

トラックボール入門には金銭的にも形状的にもオススメかな!