ゲーム発展途上国ⅡDX

最近面白いゲームはないかと初心に戻ってVectorでフリーゲーム探してます。

そんな中見つけたのがカイロソフトさんのゲーム発展途上国ⅡDXです。

終盤ですが、ゲーム画面全体。

終盤ですが、ゲーム画面全体。

自分はゲーム制作会社社長で、社員を雇いゲームを作っていく経営シミュレーションです。

初めはゲームの製作が年1本、売上も十万程度ですが、新たなジャンルの開拓や有能な社員を雇用しテクノロジー(特殊能力、スキルのようなもの)を覚えさせることによりゲームのおもしろさやグラフィックをアップ!そしてゲーム雑誌から高評価を得られるようになり売上も百万単位へ。ゆくゆくは年に1回開催されるゲームグランプリにてグランプリ獲得を目指せ!!

実際は終わりのないゲームです。グランプリ獲得してもまだ続けられますし、ジャンルすべて開拓してもなぜか開拓コマンド選べるし(しかも金取られる)。

ここまでがゲームの紹介。それでは遊ぶにあたってのアドバイスを。

  1. 生産力はゲームの出荷数となる
  2. ジャンル開拓でベストマッチを
  3. 雑誌取材を待て!

この2点は押さえておきたいところですね。

まず①は、ゲームが一番売れるのは発表した週です。その週で売り上げないとあとは下がる一方。どんな大ヒットのゲームでも第1週が一番売れてその後下がり続けるというのは変わらないので、できるだけ生産力をあげておき第1週で需要にこたえられるようにしておきます。資金に余裕があるならテナントに大規模工場を建てておくとよいでしょう。生産力アップに1000万掛かりますが、1回で大幅に生産力をあげることができるので利用しておきたいです。

そして②は、ゲームの開発では先にゲーム内容を決めてからジャンルを選びます。その時ゲーム内容に合うジャンルを選べばおもしろさなどのパラメーターが上昇します。とくに初期においてはパラメーターをあげにくいのでこの要素を利用すると便利です。利用しなくてもいいですが。

最後に③、ゲーム開発中にそのゲーム内容に関連する雑誌がから取材がきます。この雑誌に取り上げられると、ゲームの知名度が大幅に上昇するので是非利用していきたいものです。開発中に来ないこともありますが、バクチェック後でも来ることがあるので待ってみるのもいいでしょう。

このゲーム、1日やってるとすぐに資金十億くらいはいくでしょう。そして同じことの繰り返しでつまらなくなってくると思います。そしたら研究所を建ててみては?何が起こるか分からない不思議なテナントですが、その分ゲームをおもしろくしてくれるかも…。ギャンブル場を建てて賭け事に惚けるのもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク