キャブ調整に向けての準備

調整って言ってもアイドリングだけ。

まずはエアスクリューを取り外して金ノコでマイナス溝を彫った後、前後シュラウドとリアシート・カウルを外しタンクを浮かせながらエアスクリューを回して調整すると。

金ノコは家にあるけど長めのマイナスドライバーが必要ですね。参考としてデイトナから発売されている「キャブエアスクリュー調整ツール ホンダD型用ストレートタイプ」は全長230mmなのでコレと同じかもっと長い物が必要です。

最近画像無しの記事ばかりだけど作業する時はたくさん写真つけるよ!

キャブ調整できず。

アイドリングが不調でしてプラグを外してみると黒っぽいような?コレは濃いのだと思いとりあえずエアスクリューを調整しようと思ったら専用工具が必要だった!

現在付いているキャブレターは純正のものでエアスクリュとスロットルストップスクリュがあるんですが、どちらも車体内側についているっていうね。普通のドライバーやラジオペンチとかで調整できるかと思ったら板ラチェットや専用工具が必要でした。

板ラチェットは工具箱に入っていたかな・・・・でもエアスクリュが特殊工具無いと調整出来ないってのはつらいなぁ。

確かPD系がいろいろと調整しやすいんだっけ?