SQLJetを使う!準備編

SQLJetを使おうとこちらへ訪れた方はすでにSQLiteについてご存知だと思うのでSQLiteの説明は省きます。

SQLiteについて知りたい方はGoogle検索-「SQLite」DBOnline様の「SQLite入門」を御覧ください

SQLiteは軽量なSQLデータベースですが、SQLJetの場合SQL文は使えません。すべて用意された機能を使ってデータベースのファイル作成から出力まで行ないます。

それではSQLjetのダウンロードから始めます

公式ページ

公式ページ

この記事を書いている時点での公式サイト[SQLJet :: Pure Java SQLite]トップのスクリーンショットです。

必要な部分はDownload SQLJetの項目です。

ダウンロード項目

ダウンロード項目

4つリンクがありますが上から

  • 通常使用。ライブラリ・ソースコード・ドキュメント・ブラウザ入り
  • 自分でビルドする用
  • Eclipse用
  • maven用

となっております。今回は開発はEclipseで行ないますがブラウザやドキュメントが必要なので一番上のものをダウンロードします

解凍すると以下のファイル群が入っているはずです

解凍したファイルの中身

解凍したファイルの中身

必要なものの解説([ver]はバージョンを示します)

  • antlr-runtime-[ver] ランタイム。多分必要
  • sqljet.[ver].doc.zip ドキュメント。困ったときに必要
  • sqljet.[ver].jar コレが最も必要。中核ファイルです
  • sqljet-browser.[ver].jar SQLJetを使用したブラウザー。DB内容の確認やプログラムのお手本としても役立ちます。

プログラムを組む際には「sqlite.[ver].jar」と「antlr-runtime-[ver]」をクラスパスに通します。

今回はプロジェクトのビルド・パスにライブラリとして設定します

プロジェクトを右クリック

プロジェクトを右クリック

プロパティ内の

Javaのビルド・パス

Javaのビルド・パス

Javaのビルド・パス内のライブラリで[外部JARの追加]antlr-runtime-[ver].jarsqljet.[ver].jarを追加すれば利用出来るようになります。

この時ソースとJavadocロケーションを設定すると打ち込んでいる際に便利なので登録するようにしましょうね。

次回は「JavaでSQLiteファイルの作成」から行ないます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク