SQLJetを使う!テーブル内容取得編

やってまいりました、テーブル内容を取得する方法です

	public String[][] getTable(String tableName) throws SqlJetException{

		// テーブル内容格納変数
		String[][] table_ar = null;

		// 読み込みモード
		db.beginTransaction(SqlJetTransactionMode.READ_ONLY);

		// テーブル取得
		ISqlJetTable table = db.getTable(tableName);

		// テーブルオープン
		ISqlJetCursor cursor = table.open();

		// 項目名取得
		String[] columnNames = getColumnNames(tableName);

		// 配列の要素数確定
		table_ar = new String[(int)cursor.getRowCount()][columnNames.length];

		// カーソルが最後でなければ取得
		if(!cursor.eof()){

			// 列カウント、行カウント
			int c_count, r_count = 0;

			do{
				c_count = 0;

				// 列数分ループ
				for(String str : columnNames){

					table_ar[r_count][c_count] = cursor.getString(str);
					c_count++;

				}
				r_count++;

				// カーソルを次へ(行数分ループ)
			}while(cursor.next());
		}

		db.commit();

		return table_ar;
	}

dbはSqlJetDb型の変数です。最終的に全部のメソッドを実装したコード載せるつもりです。

最初のSQLJetを使う!記事から見ていただけるとわかるはず…

テーブルを開いて、カーソルで一個ずつ配列に入れていくという作業になります。

公式のチュートリアルに沿って作ってみました。

このメソッドの戻り値をそのままJTableに入れるとちょうど縦横の組み合わせが合うようになっています。

今回は横幅が長くなってしまったので見づらいかと思いますが、ソース上にマウスポインタを移動させるとソース枠右上にアイコンが表示されるので、一番左の「view source」をクリックすると新しいタブ(あるいはウィンドウ)でソースコードだけ表示されます。ご活用ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク