新城ラリー2019に行ってきた!

3月16日(土)に愛知県新城市の県営新城総合公園で開催されている新城ラリー2019を観戦しに行ってきました。

アクセス情報

自宅最寄りの大曽根駅から金山・豊橋経由でJR飯田線の大海駅へ。大海駅からは徒歩10分で新城総合公園に着きます。

大海駅ではICカードが使えないので一度豊橋駅でICカードの清算をしてから硬券切符で乗りなおすとスムーズです。

自動車・バイクは会場から離れたところに駐車場があり料金は1日1000円でした。駐車場から会場へはシャトルバスが運行しています。

大きなイベントではよくある近隣住民による駐車場営業ですが会場近くでも行っているところがあり、料金は1000円と公式と変わらないので空いていれば利用してもよさそうです。

展示スペース

会場に到着すると多くの車が展示されていました!

TOYOTA GAZOO Racingブースより新型スープラです。ロングノーズのフォルムとフロントマスクが好み。一度は乗ってみたいね

走行シーンも観ることができたヤリスのラリー仕様車。リアウイング大きすぎない?

カストロールカラーのカローラ。自分の知っているラリーカーはこんな感じ!いいっすねぇ

車種は忘れましたが北米仕様のピックアップ。シュノーケルもついていて砂漠や沼地も走破できそう。

通常キャリアになっているところには交換用のタイヤが積んでありました。ゲームで見たことある!オレンジのボードはスタック時に使う板でしょうか。

企業ブースをうろうろとしていると周りで車の走行音がします。どうやレース時以外でもデモ走行してくれているようです。

実際に走行シーンも観ていましたがスマホのカメラだとうまく写真が撮れず…動画も一瞬ですしね。

かろうじてタイミングがあった一枚。本当に目の前2メートルくらいのところを爆音響かせて走るんですよ。圧巻ですよね。

なお、走行待機中の車両です。公式物販でマフラータオル買うと抽選券が封入されていて当選すると同乗できたそうです!

「次の抽選結果発表まで居ないから」と抽選には参加しませんでしたが結果的に2回目の同乗走行も観てましたね。

さすがにドリフトするほどスピードは出ていませんでしたが180度、360度ターンをしていて迫力ありました。

会場内にはトークステージなどもありましたが興味がそそられたのはこちらジャンプ台です!

たまにテレビでも観ることのできるFMX(フリースタイルモトクロス)というジャンプしながらアクロバットを披露し難易度を競う競技ですね。

あんな小さいジャンプ台なのに両手を離したり、なんと1回転もしてました!たまに強風が吹く中、様々なトリックを披露してくれました!

こちらは企業ブースと飲食ブースの間にあるエリア。スポーツオーソリティの提供でアウトドアブースと化しておりファミリー向けテントが設営されていました。欲しいなぁ。

飲食ブース

こういうイベントでは飲食は混雑していて食べ物にありつけるのが困難なのが普通です。

今回のイベントでは飲食ブースが多く公園なのでベンチや芝生ゾーンなどのんびりできるスペースも広いのでさほど並ぶこともなくゆったりと食事することができました。

美河フランクうまい!肉汁溢れてジューシーで濃厚な味!

実はこんなに快適な飲食スペースだとは思っていなかったので事前にコンビニでパンを買っていたのでそれを食べて。

デザートにはいちごジェラート!陽が出ているときは暖かいのでジェラートも行列できていました。

まとめ

同じ愛知県内ですが決して近くはないイベントなので知ってはいたものの一度も来たことない新城ラリー。

実際に参加してみると豊富なブース、体験イベント、ステージショーや充実した飲食スペース、休憩スペースとイベントとしての完成度が高いと感じました。

ステージショーとレースが交代で始まるので開催から閉幕までずっといても飽きない工夫がされており子供向けにもボルダリングや不整地自転車走行体験など楽しい催しが盛りだくさん。

サーキットのような高速、迫力はないけども一つのイベントとして一日を充実して過ごせる良い日でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク