VH-100VR-Nのポート開放

覚書としてどなたかの役に立てば幸いです。

前提条件としてパソコンのIPアドレスを固定されている必要がありますが、その方法はいろんなところで書かれているので割愛。

ファイアウォールソフトなどの設定も正常に行っている必要があります。

ログイン画面

「192.168.116.1」にアクセス

メニュー画面

詳細設定へ

パケットフィルタ設定に移動。

パケットフィルタ設定

LAN->WAN方向の設定

  • ファイアウォール機能 チェックを外す
  • エントリ番号 一番若い番号
  • フィルタ種別 通す
  • 送信元IPアドレスの範囲 IP指定で対象ソフトを起動させるパソコンのIPアドレス
  • 宛先IPアドレスの範囲 IP指定で変更なし
  • プロトコル種別 開放したいポートのプロトコルを選択
  • 宛先ポートの範囲 開放したいポート番号

以上を入力したら「追加/編集」をクリックでしたのリストに表示されるのでリスト左側のチェックボックスをチェックしてリスト上の適用ボタンをクリック。

パケットフィルタ設定2

WAN->LAN

右上の方向別からもう一つを選んで設定。内容は先ほどとほぼ同じで送信元と宛先を逆にするだけ。適用を忘れずに

アドレス・ポート変換設定

アドレス・ポート変換設定へ移動

こちらではポート番号とIPアドレスを設定。

  • エントリ番号 一番若い数字
  • 変換対象ポートの範囲 開放したいポート番号
  • 変換対象プロトコル 開放したいポートのプロトコルを選択
  • 宛先IPアドレス 対象ソフトを起動させるパソコンのIP

以上を設定したら「追加/編集」をクリックするとリストに追加されるのでチェックボックスをオンにしてから適用をクリック。

あとは左メニューの設定反映ボタンをクリックしてルーターを再起動させれば開放が完了しているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク