HSPA固定設定でバッテリー長持ち?

HSPA固定設定とは?

NTTドコモなどが採用している第3世代(3G)携帯電話方式「W-CDMA」のデータ通信を高速化した規格。3G方式の改良版であることから「3.5G」とも呼ばれ、従来の5倍以上の通信速度を実現する。

IT用語辞典 e-Wordsより。

速度の向上とバッテリーが長持ちするらしいです。

使用しているモバイルルーターはAterm MR02LNでOCNモバイルONEの契約です。さっそく設定してみます。

Screenshot_2015-04-07-11-46-53-1

クイック設定画面から基本設定接続先設定(LTE/3G)へ。

Screenshot_2015-04-07-11-46-14-1

MR02LNはLTEと3Gの自動切り替えはないので手動設定で3GのAPN[3g-d-2.ocn.ne.jp]を入力したら下にあるHSPA固定設定のチェックを入れて左下の設定ボタンを押すと端末の再起動が始まり設定が反映されます。

これでバッテリーの消費が抑えられるのならいいんですがいかんせん3G接続なので速度が遅いです。LTEに慣れているとWEBサイトの読み込み遅さに驚きます。

やはり速度が犠牲になるのはストレス溜まるので元に戻しました。大きなモバイルバッテリー持ち歩いた方がいいんですかね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク