パソコンケースを「Fractal Design Define R5」に変えた!

今のケースは不具合が起きたりパーツ交換するのが億劫になるほど狭くて使い勝手が悪いです。

さらにはフロントが8cmファンしかつけられないため冷却も悪く常にサイドパネル開けっ放しでした。

せめてものホコリ対策として換気扇用フィルターを装着しているもののファンの音が気になったり見た目も悪いしいつか変えようかな~と思いつつ放置していましたが一念発起して買い替えに踏み切りました!

そして注文したのがこちら

ケースを探すにあたり重視した点が「静音性」と「拡張性」です。うるさいのと静かなのと比較したら静かなのに越したことはない。あとはパーツの入れ替え時にストレスなく作業が行えるほどのスペースが欲しかった。

この両方を兼ね備えたのがこちらのケースでした!様々なレビューサイトや個人ブログを拝見しましたが静音性へのこだわりと自由度の高さが両立できていて最適です。

段ボール大きいな…

フラットな面で統一されているのは好感触。上部に配置されたスイッチやUSB端子は机の下に置く私にとって使いやすくていいね。

フロントパネルを開くと5インチベイとフロントファンが見えます。吸音材で静音性を高め、ファン前部にはメッシュフィルターでホコリの侵入を防ぐなど細分にまでこだわった造り。

リアは開口部が多くスムーズに排熱できそうです。

サイドパネルにも吸音材、そして豊富な3.5インチベイ。電源、マザーボードともに設置スペースに余裕があり快適に作業できそうです。

3.5インチベイの一番下に入っている白い箱はパーツの取り付けに必要なねじ類がまとまっています。

反対の側面を開けると裏配線用のスペースと2.5インチ用の取り付けスペースがあります。こちら側のパネルにも吸音材が取り付けられており安心です。

さて、さっそくパーツを移植しますかね。

!!

さっそくやらかしました(汗。ネジが空回りして抜けなかったのでペンチで抜こうとしたらガリっと。

動いてくれるといいんだけど。

各種パーツの取り付けはわかりやすいイラストを多用した説明書のおかげで難なく進められます。

移植後がこちら!

3.5インチベイの上側は必要なかったので取り外しました。すっきりして気持ちいいですね。

裏配線しすぎてブルーレイドライブのSATAケーブルがうねってますがまぁいいでしょう。

ちなみにリアに取り付けられていたファンはフロント側へもってきてフロントにファン2つつけてます。それでも静か!動いているか心配になるくらいに静か!

これだけ静かだと冷却性が気になるところです。フリーソフトで調べてみたところエアコンの室温20度の状態でCPU温度がアイドル状態で40度切るくらい。

今は寒いので何とかなっているような気がしますが夏になるとどうなるか不安なので温度には注意して必要であれば風量の多いファンへ付け替えるとします。

パソコンケースはやっぱり広くてメンテナンスしやすいのがいいですね!あまり頻繁に変えるものでもないので(処分が面倒だし)良いものを長く使うようにしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク