愛用傘ありますか?

梅雨の時期や最近にも豪雨がありましたね。

雨は憂鬱な気分になりますがお気に入りのアイテムがあるとちょっとテンション持ち直します。

街中歩いていると安価なビニール傘を使っていて錆がビニール面にも出てきてしまっている人が見受けられます。

これはいかんね。いかんよ。

安価な傘は耐久性も劣ることが多く道端に放棄されていることもありマナー的にも良くないですね。

というわけでちゃんとした傘を持ち歩きましょう!

まずは雨が降っているとわかっているときに持ち歩く長傘を検討してみましょう。

Waterfront 富山サンダー

私が主に使っている傘です。

富山の風雪にも耐えられるようにという意味があるそうです。特徴は内側の骨でしょうね。

しなりやすい構造になっており強い風が吹いてもいなすことができます。

撥水耐久性も良く、買ってから3年以上は経ちますが未だに新品同様にはじいてくれます。

軽いしぜひおすすめです。

次は普段持ち歩く折り畳み傘!

折り畳み傘は2つ持っていまして、まずは常に鞄に入れてあるほうです。

waltz in the rain Nu-Rain

ヌレインという商品名に自信を感じますね。直径95.5cmと折り畳み傘としては大きめでいざというときに頼りになります。

特徴は楽な自動開閉と超撥水です。展開、一部収納がボタン一つで出来るので傘の骨を組み立てる苦労はいりませんし、超撥水生地を使用しており最初に使ったときは感動しました。ぜひこの感動を皆様にも!

1つだけ欠点がありまして400gとちょっと重いんですよね。あと収納サイズが28.5cmと大きい。ゆとりのある鞄じゃないと持ち歩けないです。

というわけでコンパクトに持ち運びたいときはもう一つのほうを持っていきます。

Waterfront 極薄カーボン三つ折り傘

またもやウォーターフロントさんの商品ですね。ここのを選んでおけばまず間違いないです。

そしてこの折り畳み傘ですが収納サイズ21cmとコンパクトでなんと重さが98gしかないんです!

それを可能としているのが5本骨構造とカーボン骨です。高級な釣り竿や自転車フレームなどにも採用されている高強度で軽量なカーボンを使用することにより親骨が5本という少なさでありながらも強度を確保できています。

難点としては展開、収納に手間取るところですがこのサイズを手に入れるためには仕方ないことでしょう。

どれか一つでも興味が出てきたなら嬉しいです。

みなさんもお気に入りの傘を見つけて憂鬱な雨の日をちょっと楽しくしてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク