CORSAIR RM650を装着

電源ユニット換えるか

サブPCの調子が悪い(´;ω;`)

基本ネットワークアダプタを見失うんだけど儀式を行えばネットに繋がる

  1. 電源タップONにする
  2. 10秒待つ
  3. 電源タップOFFにする
  4. 10秒待つ
  5. 電源タップONにする
  6. PC電源付ける

毎回これやるのは大した手間ではないけど面倒なのです。

目星は着いてる。前から使っていたACアダプタ電源( ダイヤテック PLS180 )だろう。

マザーボードにある電源コネクタはEPS12V 8ピンだったりATX 24ピンだけど、電源のコードは昔の規格でATX12V 4ピンとATX 20ピンでした。

消費電力低い構成だし使えないことはないので繋げていましたが恐らくコレが原因。

というわけで新しい商品を探しました!(‘ω’)ノ

電源ユニットの選定

条件は①ファンレス②低消費電力

この条件に当てはまったのがCORSAIR RM650でした。

お値段も12,000円~13,000円程度で80PLUS GOLD認証、10年保証もついておりなんと低消費電力状態だとファンレス動作してくれるのです!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

条件を満たしたまさに完璧なパーツです。

裏面を見ると下部にグラフがありますね。どうやら260Wまではファンレスになるそうです。

開封の儀式!

左側にはコンパクトな本体と手前に結束バンド・取り付け用ネジがあります。

右側には各種コードがあります。フルプラグインタイプなので余計なコードを取り付けずに済みケーブルの取り回しとエアフローに優れています。

本体側面のいろいろ。グラボとか付けないのでラインごとの許容量とかは特に気にせず。

ライトユーザーなら静音性と補償含めてとてもオススメできるモデルだと思います。(^_-)-☆

ちょっと構成を盛って消費電力高めなら容量違いモデルがあるのでこちらをオススメ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク