北海道ツーリング 名古屋に戻る

7月13日

今日の移動は札幌から苫小牧フェリー乗り場までなので短くのんびり。

支笏湖

支笏湖



これは道中の支笏湖です。寄ったのはここだけ。

支笏湖脇の道路で手を伸ばせた水に触れそうです。

バイク乗りの走り場所となっているらしく交通量が多いにも関わらず白馬の王子様からサインを催促される人を何人か見ました。

支笏湖を過ぎたらすぐに苫小牧なので結構時間があります。一度イオンでフェリー内のご飯を購入し休憩。

午後4時にフェリー受付に行ってみるともうすぐ受付開始の模様だったので早めでしたが待機。

太平洋フェリー「きそ」

太平洋フェリー「きそ」

帰りは「きそ」に乗ります。行きに乗った「いしかり」のほうが新しいので違いを比べてみようかと。

苫小牧フェリーターミナル

苫小牧フェリーターミナル

バイク置き場

バイク置き場

行先別に停車。

名古屋港では区別はありませんでした。本当は一度来客用の駐車場に停めてから受付後こちらに移動させるようですが、最初からこちらに停めて受付に行く人が多いようです。

名古屋港では確認しませんでしたが今回は時間が早かったのでフェリーターミナルの待合室に行ってみたところお土産売り場があり事前に自宅へ送ったものと同じものがありました。次はここでまとめて買おう。

きその2等和室

きその2等和室

いしかりと比べると枕元に仕切りがなく隣との間隔が狭い。想像していた雑魚寝部屋ですがいしかりのほうが快適そうです。

船内では特に珍しいものもなかったので撮影なし。

暇をつぶすために船内のシアターで映画を見ました。タイトルは「しあわせのパン」。心温まるとても良い映画でした。

個室の人は部屋で観られるようですね。個室なら1日中遠慮なく寝ていることもできますし次は少し高くても個室にしようかな。予約できれば。

今度はスマートフォンの充電ケーブルを持っていったのでスマフォで暇つぶしはできたんですが例の快適シューズを持ち込むのを忘れました。結構へこみました。

バイクを船内に停車させた後にも搬入はあるので荷物を整理する時間は十分あります。事前に船内持ち込みリストを作っていたんですが確認がおろそかでした。反省。

少し不便な船内生活でしたがほぼロビーでご飯を食べるかネットがつながるところではネットサーフィン、それ以外ではkoboで漫画や小説読んだりしてました。

そんな時間を過ごしていると名古屋にもすぐ到着。

下船すると暑い!札幌でも暑いとか言ってましたがくらべものになりません。「帰り道覚えているかな。」とか考えてましたが意外とすんなり家に戻ることができました。やっぱり家は落ち着きますね!

家を出発してから戻るまで、実に2週間近く旅立っていたわけですが終わってみるとすごく短く感じます。まだ行きたいところもたくさんあるし後悔山盛りです!

バイト先の人には「自分探しの旅?」とか言われましたがどうでしょう。今回の旅でツーリングの勉強になったことはたくさんありますが、自分にとって何か得たものはあるのでしょうか。

それを探るためにまた来年も北海道に行こうかな!今度はキャンプ泊で!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク