Windows8正常にインストール完了!

できました!原因は意外なところに。

始めは数時間起動させておくと不具合で再起動していたのでOSを再インストールしようとしたところなんとインストールも失敗!「必要なファイルをインストールできません。」と表示されてインストール続行が不可能に。

何度も試しているとなんとかインストールできたので起動してみたら今度は正常起動できない!仕方ないのでググってみたらこんな記事を見つけました。

Windows7の自作マシン作成中[後編](必要なファイルをインストールできません…エラーコード: 0x80070570)

偶然この記事を見つけて読んでみるとなんとUMAXのメモリが原因と書いてあるじゃないですか。そしてインストールしているパソコンもUMAXの2GB×2の構成。

上記記事ではメモリ1枚差しやクロック変更で対応していますが私は手元にあったノーブランドメモリを差してみることに。そしたら無事成功!

まさかメインメモリとはね。予想外過ぎました。

しかしノーブランドの寄せ集めでは合計3GBと中途半端だし安心できないのでUMAXメモリの売却も兼ねて買い出しに行きました。まだ新品で販売している商品なので期待していたんですがドスパラでなんと1枚500円での買取でした。残念。

代わりに購入したのが「CFD W2U800PS-2G (DDR2 PC2-6400 2GB 2枚組) 」というPanram社のメモリです。調べてみるとPanramの評判があまりよくありませんが現在正常に更新プログラムもインストールできているので様子を見ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク