知多半島の羽豆岬へツーリング

今日はバイトが休みなんですが何するか決めてなかったので当日の朝にツーリングマップルとにらめっこして知多半島の先端に行くことにしました!特に理由はない。

もう暑くなってきたかと思いきや午前中は空気が冷たくて止まると暑いけども走ると寒い!歯を食いしばりながら走ってました。

名古屋からだと地図を見ると単純に南へ行くだけなんですが途中自動車専用道路があり100ccは通れません。道に迷いながら何回か休憩を挟んで到着!

以下写真多め。

IMGP1635-1024px

道中面白いことがなかったので写真なし。いきなり師崎(もろざき)港です。駐輪場がなかったので自転車や原付が停めてある付近に駐車。9時ごろに家を出て到着したのが13時ごろ。

ここまで来たものの何をするのか決めてなかったので辺りを見回してみると「羽豆神社」がすぐ隣にあるので行ってみます。

IMGP1636-1024px

三河湾国定公園に指定されているそうですね。思いのほかすごいところみたいです。

IMGP1637-1024px

「羽豆(はず)神社の社叢(しゃそう)」

IMGP1638-1024px

天然記念物とな。

IMGP1639-1024px

2か所ある参道の北側です。コンクリ製ですが立派な鳥居。

IMGP1640-1024px

夕日が綺麗だそうです。近くに切り絵の山崎修さんの工房「きりえ工房 お」があるので案内看板に切り絵が使われています。

IMGP1641-1024px

外から写真を撮り忘れたんですがこの神社の敷地だけ異様に隆起しているので上まで階段を上ります。

IMGP1644-1024px

遊歩道はこのようにウバメガシという植物がトンネル状になっています。少しかがんで歩かないといけないので背の高い人は注意。

IMGP1643-1024px

ウバメガシの間から見える海は最高!天気も良くて海が綺麗!

IMGP1645-1024px

「恋のロマンスロード」と言われているらしいですが由来は不明。

IMGP1646-1024px

港の方を見てみると島影が見えます。日間賀島かな?

IMGP1647-1024px

展望台に上がると360度見渡せます!観光船が走っていきますね。右の方にうっすら見えるのが篠島かな。

この展望台で紫外線を浴びながらコンビニで買ったおにぎり食べる。暑い。

IMGP1650-1024px

展望台を降りて進むと途中に石碑がありましたこれは…?

IMGP1651-1024px

かつて羽豆城があったんですね。

IMGP1652-1024px

「ウバメガシ 恋のロマンスロード」初めて聞くと何かわからないですね。

IMGP1653-1024px

「羽豆大明神」物々しい響き。

IMGP1654-1024px

「国指定天然記念物」「県指定文化財」と価値のあるものが集まってますね。

IMGP1655-1024px

名古屋城の石垣に使うため切り出した石が残っています。右端の石です。

IMGP1656-1024px

熱田神宮とつながりが深いんですね。熱田さんヘは何回も行ったことがありますがここのことは知りませんでした。

社殿の撮影は自重。

IMGP1658-1024px

社殿前の池でブクブクしてました。水が湧いている?

IMGP1660-1024px

参拝を終えて南側の参道から降りると真ん前に海が広がってます。

IMGP1662-1024px

岩場を降りて海辺ギリギリへ。小さいですが船が起こした波の影響で予期しない波が来るとビビる。

IMGP1663-1024px

羽豆神社を振り返ってみると森に囲まれて神社があるのが分かりませんね。

IMGP1665-1024px

南側の鳥居も立派なものです。

これにて観光終了。観光船乗り場のお土産コーナーを物色しましたが特に珍しいものがなかったので何も買わずにスルー。14時ごろ現地発。

帰りは名古屋と書いてある案内標識を頼りにすればいいので楽です。17時を過ぎると道路が混むので良さそうな雑貨屋さんやお土産屋さんがありましたが「また来ればいい!」と思って急いで家に帰ります。

帰りは暑くて途中コンビニによって水分補給とアイスで熱を冷ましました。

KIMG0337-1024px

ガリガリ君元気ドリンク味。想像通りの味でした。

自宅到着は16時ごろ。総走行距離は160キロくらいでした。久しぶりに長く乗るとお尻が痛くなりますね。鍛えなおさないと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 朝8時に家を出発。先日の師崎ツーリングではメッシュジャケットが寒かったのでオールシーズンのジャケットを着ていきます。 […]