ヘルメット内装を微調整

最近ロングツーリングをしてないから忘れていたけどもヘルメットを長時間被ると耳の外側が痛くなる現象がある。

頭の収まり具合はいいし、半日くらいのツーリングなら何ともなかったので微調整でなんとなかるかも( ´_ゝ`)


調整できるところはサイド部分なのでサクッと外します。

布のカバーをめくります。

スピーカーを仕込んでいますが、見事にスピーカーのスポンジが劣化してなくなってる( ;∀;)前のヘルメットから流用だから3年以上は経ってるな…

灰色のスポンジが調整用の剥がせる部分。

黄色の土台も容赦なくカット!

これで耳周りに少し余裕はできそうだけども、よく考えたらこれ前側なんだよね。

気になっている耳の外側にあたる部分はもしや基礎の発泡スチロール部分?そうなると削れないな…どうしよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク