秋キャンプの準備

涼しくなりました。いや、寒いくらい。

これから快適にキャンプをするには、いかに防寒対策を施すかに掛かっています。前回のキャンプでは11月ということもあり夜中は寒く快適に睡眠できなかったので装備を充実させます!

まずは衣類の選定です。現在の装備は以下の通り。

  • ヒートテック
  • 速乾Tシャツ
  • フリース
  • ウルトラライトダウン
  • パイク用3シーズンジャケット

寝る時も以上の装備+寝袋+カイロでしたが寒かったです。しかし着込むものを増やすのは荷物が増えることになるので避けたいところ。ということで一部衣類のアップグレードを行います。

モンベルのジオラインミドルウェイト ラウンドネックシャツです。実はタイツを持っていて速乾性と保温性のバランスが良く重宝しているんですがシャツはなかったのでヒートテックに代わってこちらを着用することにしました。

ヒートテックの上位版「エクストラウォーム」も検討しましたが、もともとヒートテックは汗に反応して発熱するので寒いと汗も少ないのであまり発熱せず、動くと汗をかき余計に暑くなるという悪循環になるのでやめておきました。

しかしこれだけでは物足りないことはわかりきっているので更なる暖かさを求めて調べていたところインナーシーツというものを発見しました。

シートゥーサミットのサーモライトリアクターは評判の良いインナーシーツで商品情報によると体感温度を8℃上げてくれるらしいです。さらに2つある上位モデルだとそれぞれ+11℃、+15℃と素晴らしい性能です。

実際には数値ほどの効果を感じられないそうですがそれでも3シーズン用の寝袋が冬でも使えるほどには効果があるらしいです。

私の使っている寝袋がモンベルのダウンハガー800#5で快適温度が8℃なので重ねて使えば秋の夜でも快適に眠れそうです。と考えていたところ、ふと「保温より発熱するものを探したほうが確実では?」と思い立ちました。

一番簡単なのは前回も使ったカイロですがあまりにも寒いと発熱しなくなったり持続時間に難があります。もう一つハクキンカイロもありますが一点集中的な温め方なのでもう少し欲しいところ。

広い範囲を温められて、なおかつモバイルバッテリーも使えるようなもの…ありました!

e-kairoのUSBウォームパッドです。まさに探していたそのもの!これなら寝袋の下に敷いてもいいし上に掛けてもいい!

あれ?でもこんなタイプならバイク用品にもあったぞ?とふと思い出し探したところありました。

電熱ジャケット/ベストです。

USBから給電出来て温度調節もできる。しかもこれならバイクで走行中も使用でき、バイクで走行中は高温・寝るときは低温と調整して使い分けできます。

これが一番汎用性もありベストなのでは?と思いほかの製品も探してみると低価格で似た性能のものがたくさんありますね。

色々と吟味して快適なバイク走行&就寝環境を整えていきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク