コンパクトなヘッドライト

今までのキャンプでは海外製のごつくて超明るいヘッドライトを持っていきましたが正直オーバースペックでした。

なので手元が見えるくらいの明るさでいいからコンパクトなヘッドライトを探していたところいくつか候補が上がりました。

ライト類では知名度の高いジェントスのコンパクトヘッドライト

スペック:20ルーメン・ボタン電池

省スペース性はさすが!ただ20ルーメンは暗すぎるかな?

最近知ったブランド。ライト類は充実してる。カッコイイ!

スペック:160ルーメン・単4電池2本

防水性能IPX8で安心。単4電池2本はちょっと重いかな?このライトだけに単4の充電池増やすのもなぁ…

前から知っていた面白い機能のライト

スペック:100ルーメン・単4電池3本

ベルトがリール式になっておりコンパクトに収納できる。

最近勢いのあると感じるブランド

スペック:300ルーメン・内臓充電池

内臓バッテリー式はモバイルバッテリーあれば気軽に充電できるので今の流行りですね。

色々と見比べているとさらに迷いが生じるので結局選んだのは鉄板ブランドでした。

モンベルのコンパクトヘッドランプです。

スペック:45ルーメン・単3電池1本

45ルーメンなら手元を見るくらいなら十分そうなのと、単3電池なら日ごろから使用しているエネループのストックがあるので安心。しかも1本だけで済む。

目に優しい電球色とハッキリ見える白色LEDの2つ搭載

テント内で荷物整理するときは電球色使いたいな。最大光量でも27時間点灯できるので1~2日程度のキャンプなら電池1本で十分ですね。

本体の大きさは単3電池を2周りくらい大きくした円柱状なのでコンパクト。ベルトも1本だけで帽子の上からでも楽に装着できますね。

真っ暗な室内で使用してみたところ部屋の中ならよく照らしてくれるのでこれだけですべて賄えそうな気がします!

最近キャンプ用品のアップグレードを目論んでいますが調べれば調べるほどモンベルがコスパ高いことに気づき身の回りがモンベルアイテムばかりになりそうな予感

スポンサーリンク