TF8200 A2+とUltra-120 eXtreme

箱

BIOSTAR TF8200 A2+買いました!

ちょっと長いよ

Socket AM2+/DDR2-1066 Max.16GB/SATA2*6

最近のマザーボードはPCI-E x16が2つついてたり、高いものだと4つもついてたりするけど、SLIやCrossFireは現時点で最上位のグラフィックボードでさらに上の性能を目指すときに使うようなものなので、ミドルレンジを買っているような人には不要なもの。

このマザーボードはオンボードグラフィックを搭載していて軽いゲームならオンボードでもOK!HDMI端子も標準でついているのでテレビをディスプレイ代わりにすることも可能です。

このチップセットはハイブリットSLIにも対応しているんですが、今のところドライバが成熟していないようで活躍の機会はなさそうですね。

さて、箱を開けるとこんな感じ
真ん中から開く形状
観音開き!

開くと
真ん中で開いたところ
左にSATA・PATAケーブル、電源分岐、I/Oパネルとか。右に説明書とドライバCDが入ってます。

これを持ち上げると
マザー全景
マザーボードが顔を出します

詳しく見ていきましょう
スイッチ・USBピンヘッダ接写
USBピンヘッダが4つもついていて、電源スイッチとリセットスイッチが標準装備!

最初に起動チェックをするときに便利だね!(私はスペース的な問題でやらないけど)

そしてこんなものもついてたり
MEMORY/VGAチェックランプ
上にMEMORY、下にVGAと書いてあります。これはメモリーあるいはVGAが正常に動作していると赤く光るんです!ちょっとケース内のイルミネーションにはまりそう。

ヒートシンクがヒートパイプでつながってます
CPU周辺
1万円以下のマザーボードとは思えない高級仕様

画像上のヒートシンクにはオプションでヒートパイプつき(っぽい)冷却ファンをつけることができるんですが、日本のお店では販売していないようです。

白い拡張スロットはPCI-E x1を逆さまにつけたもので、これもオプションでMulti-Digital View cardというものが付くそうですが、日本では見かけませんでした。

バックパネル
マザーボードコネクタ接続面
特に変わっているところはないかな?HDMIが標準で付いていてテレビと接続が可能。ブルーレイドライブを持っていたら、HDCPにも当然対応しているのでブルーレイディスクも再生できる。

実はリファンレスのCPUクーラーが壊れちゃったんですよ

PC動作中にSpotCoolの風を調べようと手を突っ込んだら思いっきりCPUクーラーに当たって羽がひとつもげました。

なので新しくCPUクーラーも購入!

ThermalrightUltra-120 eXtreme

サイドフローの最強は?と聞かれたらとりあえず「Ultra-120 eXteme」と答えておけば間違いないくらいの最高性能!

最近では使い方によってもっと冷えるクーラーありますけどね。

現在使用している感想としては、ゲームの体験版でバリバリ遊んでいてもクーラーがぜんぜん熱くならなくて、ゲーム終了後にEVERESTでCPU温度を見ても外気温27度くらいで30度前後なので、これを取り付けられればよっぽどのことがないくらい変える必要ないかな。

さて、このCPUクーラーは標準でマザーボードについているバックプレートにねじ止めするタイプなんですが、ここでトラブル発生!

ねじの長さが足りない・・・・・orz

急遽ほかのマザーからバックプレートを拝借して取り付けました

バックプレート比較
左がTF8200 A2+で右が他のもの

写真だけだとわかりにくいけどねじきりの構造が違っているみたい

実物を見たことある人ならわかるけど、通常は穴全部にねじきりがしてある。

だけどこのマザーは本体はプラスチック製で下にボルトを埋め込んであるんです。
バックプレート裏

もう分かったかな。そうねじの長さが足りない

このマザーを使っていて新たにCPUクーラーを買う場合はつめに引っ掛けるタイプにするか汎用バックプレートを買いましょう

汎用バックプレートはAinexから発売されてます

問題も解決したところで早速取り付け
CPUクーラー取り付け完了
はじめに書くのを忘れましたが、このマザーボードはCPUの位置と向きが特殊で、CPUクーラーがちょうど真ん中にきません。

普通Ultra-120 eXtremeをAMDのCPUに取り付けると風向きが上になるんですが、このマザーに取り付けると90度回転して風向きが背面になります。

チップセット付近
この角度から見ると何の不具合もないようですが、実はSATAポートに少しかぶってます。L型コネクタがあると便利かも。

メモリ付近
メモリがギリギリ干渉してません。クーラーとか付けられませんね・・・・・

最後にもうひとつ拡張カードを
PATA拡張カード
このマザーにはIDEコネクタが1つしかありません。最近のものは大抵そうです。なので1つDVDドライブに使うとすると空きがひとつしかなくなります。そこで拡張カードを使いIDEのHDDを活用しようという魂胆。

BIOS起動後にHDDをスキャンする作業が入るのでOSの起動が少し遅くなるのが残念。

以上の新規パーツを組み込み、現状は至極快適!

次はグラフィックボードを上位のものに・・・・・それとも4GBのメモリを積んでみるかな・・・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. tabayan より:

    CPUファン、でかっ!(笑)

  2. auviw より:

    大きいですよね(笑

    おかげでゲームやっててもCPU温度は低く保てます

  3. […] まさにこの方と同じ症状に・・・ […]