自作パソコン構成妄想

外出自粛でゲームばっかりやっているのもなんなのでメインPCをパワーアップさせるとしたらどのパーツを使うか妄想してました。

恐らくお金が貯まったら実行に移すのでメモ代わりに書き留めておきます。

コンセプトとしては今発売しているゲームがほどほどの設定で60FPS出せればいいなぁ

CPU

まずはパソコンの要、CPUです。

第三世代Ryzenにします。ガチで攻めるのならAMD Ryzen 9 3900Xですがそこまで予算ないのでこちらにしました。

現在使っているCPUがFX-8350なのでAMD Ryzen 5 3600Xでもグレードアップ感はありますが3700Xの「8コア16スレッド」という響きに魅了されちゃいました。

2020/04/12現在の価格.comでは4万円ちょっとくらいですね。

マザーボード

CPUが決まったら取り付けるマザーボードも決まります。

ソケットも違うしチップセットによっては性能をフルに生かしきれないので吟味するかセット商品を買うと良いですよ。

第三世代Ryzen使うならチップセットはX570ですね。正直、ソケットとチップセットが同じならどこ選んでもいいのでは…?

細かいところを気にするとキリがないですが、個人的にSATAポートの向きは重要です。ケースによって配線が難しくなることもあるので横向きについているのか基盤に垂直なのかは確認しておきます。

2020/04/12現在の価格.comでは2万円ちょっとくらいですね。

メモリ

メインメモリですね。容量大きいほうが正義!

速度は3600出せるものがいいですねぇ。メモリの速度が速いとデータの読み込みに待たされる時間が短くなります。

容量は32GBくらいあったほうが重いゲームでも楽々です。16GBだとちょっと心もとないし一時的にFPS落ちる場面があります。

後はオーバークロック耐性などで差がありますが、オーバークロックしないしヒートシンクついているのでこれ以上は求めません。

2020/04/12現在の価格.comでは1万7千円くらいですね。

グラフィックボード

これは現在使っているのを流用します。

今のミドルレンジなら1660Tiでしょう。価格的にも異論はないはず。

2020/04/12現在の価格.comでは3万円くらいですね。

電源

今使っているのを流用してもいいんですがもう何年使っているのやら(汗

ということで不意に寿命が来ないように悪くなる前に替えます。

フルモジュラーケーブルなのでいらない配線は外せるし、何といっても低負荷時はファンが留まる静音設計!

サブの録画PCに使ってよかったのでメインPCでも使おうかなぁと思ってます。

2020/04/12現在の価格.comでは1万円ちょっとくらいですね。

あとはSSDやらM.2やらを適当に追加しておけばOK

今ならWestern Digitalのが売れ筋のようですね

もっと早いのを探せばいくらでもありますがHDD→SSDと来てからコイツなら充当に早さを体感できるでしょう。

しかし、できるだけ予算は押さえたいので流用できるのはそのままにCPU・マザーボード・メモリ・電源だけ替えたとすると…9万弱!

たけぇな

電源を省いても8万弱、半分はCPUの価格です。

もうちょっと待つか(‘ω’)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク