Logicool(ロジクール)M575Sを使う

5.0
PC

LogicoolのM570というトラックボールマウスを長いこと使っていますが、時折シングルクリックがダブルクリックと認識されてしまいます。

指が痙攣しているわけでもなさそうですし長いこと使っているので寿命ですかね。

トラックボールのメリットは十分に分かっているので新しいマウスも好きなブランドのトラックボールにします!

そして購入したのがM575です。

画像左がM570。右がM575。

Amazon限定とかついていますが、楽天でも同じ商品があります。また、M575の型番でも保証が1年のブラックが一番安く、保証が2年のグラファイトとオフホワイトがあるので保証で選ぶか色で選ぶかよく考えましょう。

中身は環境に配慮した簡易包装でパッケージの廃棄もしやすくていいですね。説明書も兼ねていてBluetoothと専用レシーバーの接続方法について書いてあります。

専用レシーバーならUSBにつなぐだけで簡単に接続できますし、キーボードもLogicoolのK275を使っているので1つのレシーバーで接続できて便利です。

箱から出して新旧を比較してみます。

画像左がM570。右がM575。

基本的な配置には変更がないですがデザインは変わりましたね。ボールはパールのような輝きがあり掌の触れる部分は完全な曲面ではなく平面のストライプが連続している形状です。

また、少しですが手首の傾きも大きくなったような気がします。

画像左がM570。右がM575。

ボタンは左、右クリックと拡張ボタンが2つ。デフォルトで進む、戻る機能が割り当てられていますが、専用アプリで機能を変更することが可能です。

Logicool Optionsカスタマイズ ソフトウェアをダウンロード
Logicool Optionsは様々な機能を提供し、ユーザーはマウス、キーボードおよびタッチパッドをカスタマイズして、生産性と創造性を高めることができます。
画像左がM570。右がM575。

底面の共通仕様は単3電池1本を収める蓋とボールを外すための穴、そして電源スイッチです。M575はBluetooth接続にも対応しているので通信切り替えスイッチが増えています。

大きな変更点はないので切り替え後もすぐに馴染めました。

機能的な向上はあまり感じませんでしたが、新しいギアを使うのはうれしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました