フロントサイドパイプにバッグ付ける

アフリカツインにはオプションでフロントサイドパイプがあります。

これはバンパーブロックとかクラッシュバープロテクターと呼ばれる部品を装着済み

転倒時に車体の保護してくれるパーツですが実際には立ちごけでも車体の重さゆえカウルとフロントサイドパイプが接触して傷つくというね…

まぁそれは置いといてこの部分にバッグを装着しているバイクをたまに見ます。

頑丈に取り付けられているので軽い荷物であればバッグを固定して積載できるということです。しかも転倒時にバッグが衝撃を吸収してくれることも期待できます。

アフツイにサイドバッグ取り付け

サイドバッグの必要性

新型アフリカツインを選んだ理由の一つとして「積載性の高さ」があげられます。

しかし素のままではツーリングネットでリュックを括り付けるぐらいしかできないので宝の持ち腐れ!

いや、ツーリングネットは便利ですよ?

だけどこれだけじゃダメなんです。積載量を増やしましょう。

アイテムの選定

ということで導入したのがこちら

サイドバッグ固定ベルト製作

さて、以前スパイダーゴムで固定したサイドバッグですが片方だけに荷物入れるとズレて気になります。

左右を内側へ引っ張るだけだと片方が持ち上がり、反対が下がってしまいます。やはり上に持ち上げつつ内側にも引っ張る方向への固定が必要でしかもゴムのように伸縮しないほうが良いですね。

というわけでベルトを作ろうと東急ハンズへ材料を調達しに行く前に100円ショップによって見たらよいものがありました!