北海道ツーリング 上陸まで

帰ってきてからグダグダしていたらもう2週間も経ってるし!急いでレポしなければ。

7月5日、ようやく念願の北海道ツーリング出発です!

名古屋発苫小牧行フェリー「いしかり」

名古屋発苫小牧行フェリー「いしかり」

乗船するのは名古屋港から出港する太平洋フェリー「いしかり」です。

19時発で90分前には受付を済ませるように書いてありましたが16時に着いたころには10台以上のバイクがスタンバイしていました。

事前にインターネットから乗船名簿を入力していたので受付では「予約ナンバー」と「支払いに使用したクレジットカード」、原付二種で車検がないので車検証の代わりに「軽自動車税納税義務発生申告書受付書」の3つを提示したら無事に受付終了。

15時30分からバイクの乗船が開始しました。

いしかり船内

いしかり船内

比較的新しいフェリーのようで、中もきれいでした。

離岸したらさっそく船外へ。

名古屋港を去る

名古屋港を去る

この街を離れるのかと意味もなく寂しい気持ちになりますが、おなかが空いたので船内へ戻りコンビニパンを食べたらすぐに就寝。

7月6日、朝起きても特にやることがない。

2等和室

2等和室

フェリー代が旅費の中で一番高いので少しでも安くするために雑魚寝部屋を選びましたが枕元に仕切りがあり、隣とのスペースも意外とあるため快適に寝ることができました。

見渡す限りの空と海

見渡す限りの空と海

船外に出ると全く陸の見えない世界。新鮮。

ふと船内放送で「仙台を出発したきそとすれ違います」と聞こえたので見に行ってみる。

きそ

きそ

昼間は映画をやっているようなので見に行ってみた。タイトルは忘れた。

空いてる時間は海を眺めたりkoboで青空文庫や漫画を読んだり。電波の入り具合が不安定でほとんど使えないものと思ったほうがよいのでkoboには大変お世話になりました。

仙台港に到着。

仙台港

仙台港

実に工業的な港という印象。

仙台港では車の積み下ろしがあるため長時間停泊しますが残念ながら上陸はできません。以前は仙台に上陸して食糧などの買い出しができたらしいですが震災があってから余震があるとすぐに離岸するため下船できなくなったようです。

下船が終わった後、乗船する人が来るまでは船内の掃除があるのでうっとおしいと感じる人は自室に避難。

7月7日ついに北海道へ!

朝起きてから落ち着きません。朝食を食べたら荷物をまとめてすぐに出発できるように準備して待機。

着岸するとすぐにでもバイクのところへ行きたくなりますが、安全のため指示があるまでは車両甲版へ降りられるエレベーター前で待機。

待機

待機

バイクのもとへ降りられたら荷物をまとめて待機。

オープン!

オープン!

扉が開いた!係員の指示に従って順番に下船。

ついに上陸!

ついに上陸!

なぜフェリーを撮影したかは不明な模様。

1日目のルートはフェリー内で予習済み。ガソリンもあるのでさっそく走り出す!

続きはこちら「北海道ツーリング 上陸から1日目宿泊

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク