ST250のリアサス外し

汎用メンテナンスジャッキを入手したのでリアサス外して錆を落としますよ!

記事書いている段階でバネが外せてないのでサスの取り外しだけ。

まずはバイクが動かないようにフロントブレーキを固定

余っていたロープを使って縛っておきます。これで転がる心配なし。

防犯用のブレーキロックもあるから持っていると便利かも?

そしたらメンテナンスジャッキを程よい位置に滑り込ませてあげていきます。

転倒防止にサイドスタンド上げたまま自分は右側に立って作業したのでちょうど真ん中にジャッキが来ませんでしたがジャッキだけで10キロあるので安定しています。

車体下部で平らな場所を探したところサイドスタンド付近から延びるフレームにしました。

ST250はエンジンをフレームに吊り下げているので下部にフレームがなくエンジンも凹凸があります。

後ろのタイヤがフリーになったらリアサスのボルトを緩めて外します。ナットサイズは上下とも17ミリ

取り外すときにワッシャーの位置をお忘れなく。

上に2枚、下の外側に1枚です。


ハイ、完成!

後はバネを外して、錆とって、錆止めして、ピカールで磨いて、プレクサスでコーティングして戻すだけ!

後は来年かな(‘ω’)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク