JustCause2でエラー

最近Euro Truck Simulator 2で遊んでいたので久しぶりにJust Cause 2で遊ぼうかな~。とゲームを起動してみると数分間は普通に動いてそのあとエラーで強制終了します。

原因を探るべくイベントマネージャーから詳細を表示してみた結果がこちら。

障害が発生しているアプリケーション名: JustCause2.exe、バージョン: 1.0.0.2、タイム スタンプ: 0x4c1b5791
障害が発生しているモジュール名: JustCause2.exe、バージョン: 1.0.0.2、タイム スタンプ: 0x4c1b5791
例外コード: 0xc0000005
障害オフセット: 0x0051eeb5
障害が発生しているプロセス ID: 0x1858
障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01cecff74c3ce021
障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Just Cause 2\JustCause2.exe
障害が発生しているモジュール パス: C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Just Cause 2\JustCause2.exe
レポート ID: 59f052e0-3beb-11e3-802b-bc5ff41d06d4
障害が発生しているパッケージの完全な名前:
障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID:


ふむふむ。全くわかりません。詳細な解決方法は後回しでまずは環境を整えます。

まずゲームと言えばグラフィックドライバですね。GTX560Tiを使用しているのでnvidiaから最新ドライバをインストールします。

NVIDIAドライバダウンロード

その後DirectXも最新バージョンへアップデート。

DirextX最新ダウンロード

これで環境は整ったはずですが残念ながらエラーで終了するのは変わりません。

諦めてエラーの例外コードで調べてみるとどうやらメモリの不正アクセスが原因のようです。そうなるとゲーム自体の不具合になるのでゲームファイルをインストールしなおしてみることに。

このゲームはSteamで購入したものなのでフルインストールする前にゲームキャッシュの整合性を確認してみましたが異常はない模様。一度ローカルファイルを全部削除してからインストールしなおしてみましたがそれでもエラーで終了するのは直りません。

仕方ないのでSteam自体をインストールしなおしてみました。←イマココ

それでも改善せず。ちなみにOSはWindows8で公式の動作条件には対応とは書いてないですが動作報告は多数あるので動かないことはない模様。

心当たりがあるとすれば先日メモリのエラーでパソコンが起動しなくなる事態が発生してメモリを差しなおしてみたら正常に起動したんですがその際OSが自動で復元ポイントでの修復を行ったため一部ファイル構成がおかしくなっているのかも?

メモリ自体はMemtest86+を2pass回したので問題ないと思いますがイベントにもメモリ関係のエラーと表示されているので不安です。

追記(10/27)
毎日起動させていたらエラーが起きなくなりました。同時に起動しているソフトの相性問題でしょうか。どこが変わったのか分かりませんが。

追記(11/3)
前回の追記後も不正終了が起きたのでいろいろと原因を探ってみたら特定できました。犯人はboinc.exeでした。このプロセスが背後で動いていてメモリの食い合いをしていたんでしょうか?とにかくこのプロセスを終了させることで再発しなくなりました。具体的な解決方法は以下の記事を参照。

boinc.exeの終了方法 – auviw.com

しかしWindowsXPの時はこんなことしなくてもよかったのでOSが変わったことによりゲームかboinc.exeの挙動が変化して起きた不具合のようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク