ホムセン箱のナット隠し&背もたれ装備

現在ホムセン箱の蝶番加工時に取り付けたなとが飛び出したままで体を後ろに持っていくと背中に当たるのが分かります。

クッション装着前

クッション装着前

長時間走行するときはホムセン箱にもたれていると楽なんですがこのままだとジャケットを傷めてしまうのでナットの保護と背もたれになるクッションをつけます。

始めは耐候性を重視してゴム素材を使う予定でしたが実物を触ってみると固くてクッションとしては適さないようでした。その隣にスポンジ製のものがあり柔軟性もよく加工も容易なので今回はスポンジを使用します。

クッションに目印

クッションに目印

現物合わせでナットに当たる部分に目印を付けました。

穴あけ位置の下書き

穴あけ位置の下書き

このクッションにはもともと粘着テープがついています。屋外使用に向いているか分かりませんがとりあえずこのまま使用してみます。

そのままだと表面がツヤツヤしていて下書きできないのでマスキングテープを貼り付けました。

穴あけ完了

穴あけ完了

デザインナイフで加工完了。デザインナイフとピンセットが大活躍です。

クッション装着後

クッション装着後

目印が気になりますね。そのうち消えるでしょう。長さは無加工ですがちょうどいい感じです。

クッション断面図

クッション断面図

このクッションはD型になっているのでナット隠しはもちろんクッションとしても活躍してくれるでしょう。

by カエレバ

この記事を書いている現在、アマゾンでは513円ですがホームセンターでは288円でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク