ST250Etypeをイリジウムプラグに変更

STちゃんの始動性が悪いんですよねぇ…コマッタ(´’因’`)コマッタ

純正キャブは調整しずらそうだし、かといって社外のキャブなさそう。汎用品をどうにかして取り付けることもできそうだけど手間だしね。

というわけで標準プラグからイリジウムプラグに換装して始動性・レスポンスアップを試みます。

スパークプラグといえばNGKとDENSOの2大巨頭なので今回はデンソーを選択。
デンソーのほうが電極細いらしいですよ?

プラグを手に入れたらサクッと交換しましょう(*´・ω-)bネッ!

車体左側からエンジン上部を除くと黒いプラグコードが見えるので引き抜きます。

すると純正プラグが見えるのでこの段階でエアダスターなどを使いごみを吹き飛ばしておきます。
プラグを外してからだとエンジン内部にごみが入ってしまう恐れがあるためです。

綺麗になったらプラグレンチで外します。回転方向は普通のネジを外すときと同じで反時計回り。
プラグレンチは18mm

使っているのはキタコの3ウェイですが、マグネット付きの専用品だと作業しやすいね。

周りにいろんなものがあって回しにくいですが力がいるのは最初のちょっとだけで後は手で回して取れます。

純正プラグが取れたらイリジウムプラグを同じ穴に入れるだけ。
頭のキャップは取っておきましょうね(b゚Д゚)

ちなみにボケてるけど純正プラグとの比較。純正プラグちょっと黒いのでガソリン濃いめかな?

電極の細さが段違い。あとJ型に飛び出しているところもデンソーのほうがU型の溝があり着火性能いいらしい

さて、新品のプラグはガスケットをつぶすために回す量が決まってます。このプラグは3分の1回転だそうです。

ネジをなめているときのような感覚でちょっと不安になるよね。

無事取り付けられたらプラグコードをカチッと感触があるまで押し込んで完了。

取り付けた感想
あんまり変わらないかなぁ(´ε`;)ウーン…
始動性とアイドリングの安定が早くなった?という気がする。

エアクリーナーを社外の通気性いいやつに変えたらまた変化するかな~。
手を加えたいところがまた増えた(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク